企業情報

社長ごあいさつ

新たなミッション実現に向けて

株式会社大学通信 代表取締役 田所浩志

「教育」は「財産」です。

人は学ぶことによって生きる英知と勇気を獲得し、豊かな社会を築いてきました。
しかし今、世界は多くの問題を抱え、 ”持続可能な社会”が大きく揺らいでいます。
わたしたち大学通信は、”持続可能な社会”を構築するためのカギは「教育」にあると考えています。
大学通信は創業以来、半世紀に及ぶ永きにわたって教育機関を支援するベストパートナーとして歩んでまいりました。
これからも、豊富な情報と確かなノウハウをもとに、教育情報通信社として、わたしたちにできる「サステイナビリティ」とは何かを模索しながら、教育機関と、そこに携わるすべての人々を応援し続けてまいります。

大学通信は“団塊世代の大学進学初年度”にあたる昭和40(1965)年、慶應義塾塾長高村象平先生、明治大学総長佐々木吉郎先生、早稲田大学総長大浜信泉先生、上智大学学長大泉孝先生らの熱きお力添えにより、先代の田所篤志が東京・御茶ノ水にて創業し、進学支援と私立学校支援のための先駆的な教育情報通信社としてスタートしました。

創業以来、サンデー毎日をはじめ、週刊朝日、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞やテレビ局等の有力メディアに向けて、学びの未来を拓く学校情報を、弊社独自の分析に基づき数多く提供してまいりました。

一方、長年にわたり蓄積された弊社の“コア-コンピタンス”である情報資源を活用し、小学校進学から大学進学までの多彩な進学情報誌を刊行。受験と進学のフロンティア企業として高い評価をいただいてまいりました。

そして第二ステージを迎えた弊社では、大学ニュースリリースサイト「大学プレスセンター」、ドコモ・au・ソフトバンク公式サイト「教育進学総合研究所」などを立ち上げ、弊社の強みを活かした情報発信のチャネル開拓に取り組んでいます。

私ども大学通信は、「学びを未来へ」を合言葉に、「学びのユニバーサル化社会」におけるハイクオリティーな情報提供と、学びを推進する学校経営支援のためのコンサルティング事業を、新たなミッションとして展開してまいります。弊社へのさらなる温かいご支援・ご指導を切にお願いいたします。